開閉ボタン
project

プロフ プロフ

香川県出身。大学では表現学部で雑誌の編集を専攻。ものづくりに携わりたいという思いで、IT業界の門をたたく。「生活に密着したものづくりで、人の役に立っていると実感したい」と、スマホ関連の部署への配属を希望した新人社員。

自ら提案し、意見することのできる
自由な環境

人の役に立つものづくりに携わりたいなと思って就職活動をしていました。いろいろ考えた末に、今後伸びていくであろうIT業界を志望したんです。その中でも、ナショナルソフトウェアに魅力を感じたのは、幅広い分野で活躍できる環境があることと、自由に提案できる社風。お客さまに対しても、社内に対しても、言われたことだけをやるのではなく自分からアイデアを出して提案していく、という姿勢に惹かれました。説明会や入社前研修でも、風通しがよくていろんな意見を言えそうだなという雰囲気を感じることができたのも大きかったですね。実際に働き始めてからも、お客さまのためになることを積極的に考えて提案している上司の姿を見ているので、入社前と後のギャップも感じていません。私も早く、お客さまとそういう関係を築いていきたいなと思っています。

イメージフォト1
知識だけでなく、
考える力を身に付ける研修

まったくの未経験で入社をしたので、苦労もあります。でもゼロからイチを考えたり、こうすればうまくいくんじゃないかと試行錯誤することは好きなので、研修も楽しかったですね。入社前研修では基礎を、入社後はみっちりC言語の勉強をします。その後はチームをつくって、設計からプログラミングまで自分たちでおこなう『疑似プロジェクト』という研修もありました。わからなくなったら、すぐに教育担当の方に聞くことができるんですが、もらえるのは答えではなくヒントだけ。考える力を身に付けることができるので、すごく楽しんで学ぶことができました。今でも、失敗しながら自分で考えて、アドバイスをもらってまた考えて、を繰り返しています。少しずつではありますが、課題を見つけながら一歩ずつ前へ進んでいる実感がありますね。未経験だから無理だと思って、自分の道を狭めるのはもったいない。やる気と前向きな気持ちさえあれば、成長できる環境がここにはあると思います。

イメージフォト2
イメージフォト3
top
INDEX
ページトップ